マンション経営のことならプレスト 最長35年間空室保証で安心のマンション経営

  • HOME
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

今の悩み、将来の悩み

マンション経営はこんな悩みを解決します!

給与明細をみてビックリ!こんなに引かれている所得税、住民税!

給料日は、会社員にとって、またそのご家族にとって、楽しみな1日のはず。
しかし、給与明細を見ると、改めてため息をつかれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その原因が、所得税や市県民税さらに、厚生年金や健康保険といった社会保険料の徴収額です。
納税は、国民の義務と分かっていても、何か、もやもやした気持ちをもたれている方々はきっと多いはず。
「自動的に天引きされるからしょうがない…」と思っているあなたにも朗報です。
マンション経営で、多く払っている税金を取り戻しましょう!

マンション経営は「節税対策」に効果的

消費税増税?インフレ?会社員は大変!

アベノミクスによる経済政策が着々と進む中、大胆な金融緩和により、三大都市圏の地価の下落が止まり、上昇に転じています(2013年4月現在)。
そして、不動産マーケットに目を向けると2012年下期から、5年ぶりに不動産取引の売買金額が1兆円を突破しました(図1)。
このまま、アベノミクスによる政策の効果が発揮されると、インフレ進行時は、一般的に物価の上昇よりも資産価格の上昇の方が大きいため、立地の選定を伴いつつ、不動産価格上昇の確実性は高いと見られます。
加えて、段階的な消費税増税を視野に入れると、これから打つべき手立てがあるとすれば、マンション経営なのです。

(図2)を参考に考えますと・・・

会社員Aさんは、1,000万円の現金を持っています。
会社員Bさんは、1,000万円の不動産を所有しています。

年3%のインフレ率が10年間続いた場合、現物資産を所有するBさんの不動産価値は、約1,350万円(1.35倍)の資産価値となります(当然、モノ(物価)の価値も1.35倍になります)。
Aさんの現金は、当たり前のようですが、1,000万円のままです。
しかし、物の実質的な価値という側面から考えると10年後には、約3割近く目減りしているという捉え方ができるのです。
そのような考えに基づくと、物価の上昇を上回る価格上昇率が見込める商品として不動産の運用というのは魅力的であり、マンション経営が推奨される理由の一つなのです。

年金があてにならない以上、
私たちの明るい未来なんてないような気がする

国が年金制度改革にチカラを注いだとしても、『正直なところ、もう国には頼れない』と思っている30代、40代が大半だということは、「将来を不安に感じている」というデータ(※1)が示すとおり明らかです。
しかし、今、「選択すべきことをする人としない人」では、15年、20年先に格差が生じることは、明白な事実だということを知ってください。
将来のゆとりある生活の実現に向けて、前向きに考えていきたいという方に朗報です。
マンション経営で、年金をあてにしない、明るい将来設計に向けての一歩を踏み出しましょう!

生命保険に個人年金・・・掛け金貧乏になりそう!

若い独身時代には、あまり考えにくい生命保険や個人年金ですが、それでも最近は将来の生活資金のために、既婚者はもちろん、独身のうちから加入されるケースが目立っています。
しかし、生命保険、個人年金合わせると5万円前後の掛け金が出費となり、毎月のやりくりに大変な思いをされている方々も多くいらっしゃるようです。
もし、個人年金や生命保険の掛け金が抑えられ、将来的には、手厚い保障がうけられるとしたらどうされますか?
生命保険や個人年金の掛け金の支払いに苦労をされているという皆様に朗報です。
マンション経営で、毎月の出費を見直し、将来的に手厚い保障をうけましょう!
(下の図を見れば、一目瞭然!)

相続税でいっぱい持っていかれるのは、納得いかない!

社会保障と税の一体改革の基本方針に基づき2013年度の税制改正大綱に相続税改正があり、2015年1月1日以後、相続税基礎控除の大幅な引き下げが実施されます。
簡単にいうと、相続税を払う対象者が増えるということです。
2010年の死亡者数に対する課税件数は4.2%(100人の死亡で4人が対象者)でしたが、2015年より課税件数は、現在の約4%から6%程度まで上がると見られます(図1参照)。
また、地価の高い東京都に限ってみると課税対象が現在でも10%程度あると見られています。
そこで、オススメするのがマンション経営による相続税対策です。
ポイントは大きく二つです。
1つ目は、所有資産の課税評価額を下げることができるということです。(図2参照)
2つ目は、状況に応じた資産の役割があるということです。(図3参照)

2015年より相続税を払うべき対象者が増えます。

相続税の対象者は倍増

マンションの所有により課税評価額を下げられます。

現金で相続する場合

状況に応じて3つの役割を果たします。

相続税の対象者は倍増

「マンション経営」は、自宅、収益、節税の3つの側面をもつ、変化対応型資産運用といえます。

Contents

  • 株式会社プレストは「福岡ソフトバンクホークス」「アビスパ福岡」オフィシャルスポンサーです

ページの先頭へ

  • 管理・仲介のことなら
    プレストサービスへ

    プレストサービス
  • 海外不動産のことなら
    プレストUSAへ

    プレストUSA
  • 不動産のことなら
    カチランドへ

    カチランド
  • お部屋探しのことなら
    カチベヤへ

    カチベヤ
  • 中古住宅のことなら
    住マイランドへ

    住マイランド
  • 焼肉のことなら
    「西中洲 楽久虎」へ

    西中洲 楽久虎